採用があるから、辞めてもらうこともある。

日本では正社員を辞めさせるのはむつかしい

 

皆さんの組織の中で辞めてもらいたい人はいませんか?
あ。この記事の読者想定は、組織の長か経営者です。

 

日本においては労働慣行や法令の制限がキツくてなかなか人をやめさせられません。従業員側は退職届を出してしまえば終わりです。最近は経営側が受け取らないという、所謂ブラック企業/職場から退職するための代行サービスがある様ですが、そんなことをしなくても退職する側は、退職届を内容証明付きの郵送にすれば問題ありません。
向こうが脅迫や暴力的な手に出たら、日時場所などの細かな記録とできれば録音などの記録を持って、警察と労働基準監督局に通報します。

 

さて、問題はやめさせたいのにやめてくれない場合です。

 

大手では退職奨励や隔離部屋、レベルの低い事務作業の強要、新しい就職先への応募の強要など、かなりグレーな話も聞きますが、退職奨励金を積むことで解決するのが、一般的でしょう。

 

ではそうでもない組織の場合はどうしたら良いでしょうか。

 

こういうのは、その方面に強いプロフェッショナルがいます。

 

この方がそのノウハウの一部を本にされました。

 

これです。 ← これをクリックしてください。AMAZONに飛びます。

 

私の知っている範囲では、流石プロフェッショナルという感じです。

 

 

 

 

お問い合わせは、「お問い合わせ窓口」からお願いします。