リニアトラッキングプレーヤーによる正確な採音
レコード・カセットテープ
MD・オープンリールの
DSD対応 / CD化

作成する
デジタル
コンテンツ
フォーマット

レコードの場合

オープンリール
テープの場合
その他の
サービスについて
最近の情報

レコードの場合

  EP盤は、基本仕様:一枚表裏で5,000円です(税別)
  いわゆる7インチ、45回転のドーナッツ盤です。
  LP盤は、基本仕様:一枚表裏で7,000円です(税別)
  10インチもしくは、12インチのビニール盤です。
  SP盤は、基本仕様:一枚表裏で6,000円です(税別)

  清掃が必要な場合、EP / LP / SP供に、一枚表裏で1,000円(税別)追加になります。
  カビなど汚れがひどい場合やひびが入っている場合は、ご対応いたしかねます。

   基本仕様 :44.1KHz〜48KHz 16ビット形式(CDとして)納品

   ハイレゾ1 :88.2〜192KHz 24ビット形式で納品(DVD-R)
           別途5,000円(税別)の追加料金が掛かります。

   ハイレゾ2 :2.8MHz/5.6MHzのDSDデータ(DVD-R)
           マスター作成サービスをご利用ください。


  レコードについては、ここを参照すると詳しい名称や分類がわかります。

  なお、お預かりしたテープやレコードをお返しは着払いとします。

  複数のレコードからCDを一枚作る場合は、曲順などをご指定ください。
  複数のレコードを1枚のCDにおまとめする事も出来ます。
  その場合は一般的にCDの枚数が減るため、値段が安くなる場合が在ります。
  また、出来る限りトラック分けは行います。

  標準仕様にはCDR一枚分の料金、もしくはダウンロードファイル作成料金が
  含まれています。

  (デジタイズ+CDR一枚もしくは、ダウンロードファイル作成料金)
  CDが複製で複数枚になった場合は、最初の一枚を除いて追加分一枚ごと、
  1,000円(税別)掛かります。


 レコードのクリーニングについて
 
 専用のクランパーにはさんでクリーニングする場合が有ります。
 洗浄液はレコード専用として有名なレイカだけではなく、状況に応じて複数の
 工程でクリーニングします。レイカだけですと、かえって溝に傷をつけることが
 わかっているので、レイカだけで無理に処理はしません。
 中古のレコードは色々な状態のものがあります。
 クリーニング方法は、その状態に応じて違う方法を取るべきなのです。

 クリーニング料金は1,000円(税別)です。クリーニングすべきかどうかについては、
 当方で判断させていただきます。もちろん、ご注文時にクリーニングを
 ご指定いただくことも出来ます。一般的にオークションなどで落札された
 レコードは、ホコリや指紋がひどい事が多いです。また、どうかするとカビ
 が発生している場合があります。オークションで落札されたものの場合は、
 基本的にクリーニングが必要とお考えください。
 
ただし、当方でクリーニングするべきでないと判断した場合には、お断りをした
 上でクリニーングしない場合も有ります。
 特にSP盤は状態によってはクリーニングしてはいけない場合があります。
 あらかじめご承知置きください。


ご注文・お問い合わせ

  ご注文・お問い合わせはこちらをクリックしてください


ウインドラボ 連絡先お問い合わせは、電子メールでお願いします。

 E-Mail:maywind@windlab.net
 

 ウインドラボ 担当 佐藤 浩義


 サイト内の他社商標については、それぞれの会社に帰属します。
Copyright WINDLAB / 1st Storage Audio All rights reserved Since 2004